軍事

米軍示威行動 中国の防空識別圏を爆撃機2機が飛行

 米メディアは、米軍のB52戦略爆撃機2機が26日(日本時間)、中国が発表した「東シナ海防空識別区」を事前通告なしで飛行したと伝えた。

 

 ヘーゲル米国防長官は23日に声明の中で、中国国防部の発表について、「同地域における米国の軍事行動に何らの変更を与えるものではない」と述べ、中国の要求に応じない姿勢を表明しており、今回のB52戦略爆撃機の飛行は、この姿勢を行動で示したものと見られる。

 

 2機のB52戦略爆撃機はグアム島のアンダーセン空軍基地を出発し、尖閣諸島周辺の空域を訓練飛行したとのこと。

 

 あなたにオススメの記事