気象

北陸から東北地方日本海側 夕方にかけ暴風・高波に警戒

 気象庁は28日、北陸から東北地方の日本海側では、沿岸を中心に暴風が吹き、海上は大しけが続く見込みとして、暴風・高波に警戒するよう呼びかけている。

 

 北海道付近には発達中の低気圧があって北東に進んでおり、日本付近は冬型の気圧配置が強まっている。

 

 28日は上空の寒気が入る影響から、北陸地方を中心に、大気の状態が非常に不安定になる見込みで、北陸から東北地方の日本海沿岸では、非常に強い風が吹き、海上は大しけとなっている。

 

 28日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、東北地方が陸上18メートル(30メートル)、海上20メートル(30メートル)、北陸地方が陸上22メートル(35メートル)、海上22メートル(35メートル)で、28日に予想される波の高さは、東北・北陸地方とも6メートルとなっている。

 あなたにオススメの記事