リコール

とんかつ和幸 4店舗で客に出したお新香・キャベツ使い回し

 「とんかつ和幸」などを運営する和幸商事(神奈川県川崎市)は29日、恵亭銀座店(東京都中央区)など4店舗で、客に出したお新香やキャベツを使い回していたと発表した。

 

 同社によれば、恵亭銀座店では、お新香とキャベツについて、それぞれ取り皿や専用のハシやトングを付けた「取り放題」として提供していたため、同店舗が開店した2005年4月からの1ヶ月間、ほぼ毎日、「使い回し」が発生していたが、同年5月以降は「使い回し禁止」とした。

 

 しかし2009年春ごろになって、お新香およびキャベツの発注ミスから食材が品切れになったため、緊急時の対応策として、従業員が独自の判断で「使い回し」をしたケースが、同年夏までに2〜3回あったとのこと。

 

 また恵亭銀座店以外にも、恵亭二子玉川店(東京都世田谷区)、かつ工房和幸鶴ヶ島店(埼玉県川越市)、かつ工房和幸あゆみが丘店(神奈川県横浜市)でも、2005年5月まで毎日、お新香のみが「使い回し」されていたとのこと。

 

 同社では、「弊社の認識の甘さと管理不行き届きにより、お客様に大変不愉快な思いをさせてしまい申し訳ない」と謝罪している。

 あなたにオススメの記事