気象

ハリケーン・サンディの復興支援 米ネットゲームで2億円の売り上げ達成

 米国のゲーム会社ブリザードエンターテイメントは、2012年10月に米国東部を襲った大型ハリケーン・サンディの復興支援向けに販売されていた、同社のゲーム「World of Warcraft」内のペット「Cinder Kitten」の売り上げが、2012年12月31日までに230万ドル(約2億円)を記録したと発表した。

 

 同日分までに10ドルで販売された「Cinder Kitten」の売り上げは全額、米国赤十字社に寄付され、避難所運営や食糧支援、心理的支援などに生かされる予定だ。
 同社は2011年の東日本大震災の際にも、約190万ドルの義援金を、日本赤十字社に寄付している。

 あなたにオススメの記事