生活情報

ローソン景品のリラックマのマグカップ熱湯で破損39件

 ローソンは2日、9月から11月中旬に実施したキャンペーンの景品「リラックマティーマグ」について、熱湯を注ぐなどが原因で劣化し破損するおそれがあると発表した。

 

 同ディーマグは約173万個を景品として引き換えているが、現在までに破損の連絡が39件あったとのこと。

 

 ローソンによれば、この商品は凸版印刷に製造を委託し、中国の工場で製造されたもので、凸版印刷を通じて第三者機関で検査を行なったが、構造上の欠陥などは発見できず、明確な原因解明には至っていない。

 

 この景品については、すでにキャンペーンも終わっているため、ローソンでは店頭やホームページで客に注意喚起するとともに、交換品として代替の品(リラックマ関連)を送付するとしている。

 あなたにオススメの記事