外交

北朝鮮ナンバー2 張成沢氏失脚の可能性

 北朝鮮のナンバー2と目されている、金正恩第1書記の叔父にあたる張成沢(チャン・ソンテク)国防副委員長が失脚した可能性が高いと、韓国の情報機関 国家情報院(NIS)が韓国国会に報告したことが明らかになった。

 

 これは韓国議員などが明らかにしたもので、張成沢副委員長の側近2人が汚職容疑で11月下旬ごろに公開処刑されたことをNISが確認したとともに、この処刑後、張成沢副委員長は姿を消しているとのこと。

 

 張成沢氏は故金正日総書記の妹 金慶喜(キム・ギョンヒ)氏の夫で、金正恩第1書記の叔父にあたる。

 

 張成沢氏は金正日総書記の死後、金正恩体制への権力移行で中心的な役割を果たしていた人物で、そうした人物が失脚するという今回の状況は、金正恩体制への移行が完了し、いわば「用済み」になったとも解釈でき、金正恩体制が完全に確立されたサインと見る向きもある。

 あなたにオススメの記事