経済

イー・アクセスとウィルコム 来年4月に合併

 ソフトバンクは3日、通信子会社のイー・アクセス(東京港区)とウィルコム(東京港区)が来年4月1日に合併すると発表した。

 

 イー・アクセスはADSL回線の卸売やイー・モバイルブランドでの移動体通信サービスを、ウィルコムはPHS事業を展開しているが、イー・アクセスの契約数は約440万件、ウィルコムの契約数は約570万件で、今回の合併により契約数は1000万件を超えるとしている。

 

 また合併後の方向性については、これまでの事業を引き続き展開するとともに、特にスマートフォン分野に注力していきたいとのこと。

 

 なお存続会社はイー・アクセスとなり、社長は現在イー・アクセスの代表取締役社長であるエリック・ガン氏が就任する予定で、合併後の社名やブランドについては現在のところ未定。

 あなたにオススメの記事