医療技術
Loading

注意!東京都がノロウイルスの流行警報を発表

 東京都は5日、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者報告数が基準値を超過したとして、流行警報を発表した。

 

 都によると都内261カ所の小児科定点医療機関からの第48週(11月25日〜12月1日)の感染性胃腸炎の定点あたり患者報告数は15.1人となっており、9月2日以降に、都内の社会福祉施設などにおける集団発生の事例は12月1日までに46件にのぼっている。

 

 東京都では定点あたり患者報告数が20人を越えた保健所の管内人口の合計が、東京都の人口全体の30%を超えた場合に、広域的に流行が発生・継続しているとして警報を発することになっているが、第48週現在で、都内31カ所の保健所のうち9カ所が定点あたり報告数20人を超えており、この9カ所の管内人口の合計が都の人口全体の30.4%にあたることから、警報発表になった。

 

 第48週現在、定点あたり患者報告数が警報基準値超の「20人」を超えている保健所管轄地域は以下のとおり。

 

 

葛飾区、足立区、荒川区、台東区、江東区、北区、大田区

 

町田市、八王子市

 

 

 都では、「今後の流行拡大に注意が必要」として、手洗いの徹底などを呼びかけている。

 あなたにオススメの記事