軍事

韓国防空識別圏拡大「ただちに問題はない」官房長官

 韓国国防省が同国の防空識別圏の拡大を発表したことについて、菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で、「わが国との関係で、ただちに問題になることはないと考えている」との認識を明らかにした。

 

 同会見で菅官房長官は、韓国政府から事前に通告があったことを明らかにした上で、「わが国としては今回の韓国による防空識別圏の拡大が、先般の中国のように国際法上の一般原則である公海上空における飛行の自由を不当に侵害することにつながらないことが重要である。そういう考え方に立って、事前に日韓間で意思疎通を図り、こうしたわが国の考え方を韓国側に伝えてきた」と説明。

 

 また菅官房長官は、今回の韓国の発表について、「わが国の領土・領海・領空の範囲に設定されたものではない」、「民間航空機に新たに義務を課すものではない」、「自衛隊・韓国軍の間では航空機の偶発的事故防止のために事前の通報の枠組みが確立されて機能している」、「一定の周知期間を設けた上で発効される」ことを列挙して中国の措置との違いを強調、「わが国としては中国の措置とはまったく違うと理解している」との認識を明らかにした。

 

 さらに菅官房長官は、日中韓の防空識別圏が重複することについては、「韓国側とは事前にそれぞれで問題点を整理しているので問題ないと思っている」と述べるとともに、韓国が防空識別圏を拡大したことについては、「中国への対抗措置と理解している」としている。

 あなたにオススメの記事