原子力

泊、柏崎刈羽原発に活断層判定の可能性 原子力規制委員会

 原子力規制委員会は29日、有識者会合を開き、活断層の定義を従来の「13万~12万年前以降」から「約40万年前以降」に拡大。それに伴い、泊原発と柏崎刈羽原発の敷地にある断層が活断層と判定される可能性が浮上した。

 

 今後、両原発には新たな検査が求められ、特に原子炉直下の断層が懸念されている柏崎刈羽は、最悪の場合、廃炉に追い込まれる可能性も。

 

 また、同会合では原子炉重要施設の安全機能や津波の基準などにも言及。津波については、各原発で想定される最大規模のものが「基準津波」とされ、それに合わせた防潮堤などの施設が求められる。

 あなたにオススメの記事