気象

北日本・北陸で大雪・猛吹雪に警戒

 気象庁によると、14日から15日にかけて北日本と北陸地方では、雪を伴った非常に強い風が吹き、猛吹雪となる見込みで、同庁では大しけや高波、暴風、猛吹雪などに警戒を呼びかけている。

 

 現在、オホーツク海では発達中の低気圧が北北東へ進んでおり、15日にかけて千島近海で動きが遅くなるもよう。また、北日本の上空約5000メートルには氷点下39℃以下の寒気が流れ込んでおり、日本付近は冬型の気圧配置が強まる見込みとなっている。

 

 このため北日本では15日にかけて、北陸地方は15日に、雪を伴った非常に強い風が吹き猛吹雪となり、特に東北日本海側や北陸地方では多いところで15日午前6時までの24時間に70センチの大雪が降る見込み。

 

 15日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は以下のとおり。

 

北海道地方 陸上20メートル(35メートル) 海上25メートル(35メートル)

 

北陸地方 陸上20メートル(30メートル) 海上20メートル(30メートル)

 

東北地方 陸上16メートル(30メートル) 海上18メートル(30メートル)

 

 また、15日にかけて予想される波の高さは以下のとおりとなっている。

 

北海道地方 7メートル

 

北陸地方 6メートル

 

東北地方 5メートル

 

 あなたにオススメの記事