FUKUSHIMA

検出限界値以下だった井戸から突然6万3000ベクレルの汚染水

 東京電力は17日、福島第一原発の港湾から約5メートルの地点にある観測井戸で16日に採取した地下水から、ストロンチウムなどのベータ線を出す放射性物質(全ベータ)が、1リットルあたり6万3000ベクレル検出されたと発表した。

 

 この井戸は、13日に測定した際には、全ベータが検出限界値未満(1リットルあたり18ベクレル未満)だったことから、3日間で劇的に急上昇したことになる。

 

 東電では、この近傍の井戸で15日に採取した地下水も全ベータは検出限界値未満であったことや、この井戸を測定した16日には、170万ベクレル(16日時点)という高濃度の放射性物質が検出された別の井戸も合わせて測定していることから、高濃度に汚染された井戸の水がサンプルに混入した可能性もあると見て、17日に改めて再測定を行なうとしている。

 あなたにオススメの記事