事故

「餃子の王将」社長 京都本社前で射殺

 19日午前7時ごろ、チェーン店「餃子の王将」を運営する王将フードサービス本社ビル(京都市山科区)前の路上で、同社の大東隆行社長(72)が、右胸1カ所と左わき腹2カ所などから血を流して倒れているのを社員が発見、病院に運ばれたが午後8時すぎに病院で死亡が確認された。

 

 大東氏は拳銃のようなもので銃撃されたと見られ、現在、京都府警で殺人事件として捜査しているが、凶器などは見つかっていない。

 

 大東氏は、毎朝本社前の路上を清掃することで有名で、つい最近もネット上のニュースサイトで、その記事が取り上げられたばかりだった。

 

 あなたにオススメの記事