外交

松下奈緒さん「V4+日本」交流年親善大使に

 岸田文雄外相は19日、来年2014年の「V4+日本」交流年を機会に、日本とヴィシェグラード4カ国(V4)との民間交流を促進することを目指し、女優でピアニストの松下奈緒さんに来年1月1日から1年間、「V4+日本」交流年親善大使を委嘱した。

 

 「ヴィシェグラード4カ国(V4)」というと聞き慣れないが、ヴィシェグラードはハンガリーの年の名前。

 

 「ヴィシェグラード4カ国」とは中央ヨーロッパのチェコ、スロバキア、ハンガリー、ポーランドの4カ国からなる地域協力機構。

 

 「V4+日本」交流年は、今年6月の安倍晋三首相の東欧歴訪の際に、「V4+日本」首脳会合の席上、交流促進のため来年2014年を「V4+日本」交流年とすることで合意したもの。

 

 これらの国々は、ショパンやリストなど「名ピアニスト」を生んだ「クラッシック音楽」のふるさとでもある。

 

 そこで、女優でありピアニストとしても活躍する松下奈緒さんに「親善大使の白羽の矢」が立った。

 

 岸田外相から委嘱状を受け渡された松下さんは、「『V4+日本』交流年テーマソングを作り、みなさまにお届けする予定ですので、楽しみにしていてください!」とのこと。

 あなたにオススメの記事