事故

誤ってガソリンと灯油の混入燃料を販売 コスモ石油

 コスモ石油は、同社特約店の小浦石油株式会社「橋本あやの台給油所」(和歌山県橋本市)にて、26日にガソリンと灯油を誤って混入した燃料油を販売し、そのまま利用すると異常燃焼や車に異常をきたす恐れがあるため、同店を利用した客に対し早急に連絡するよう呼びかけている。

 

 コスモ石油によると、ガソリンと灯油を誤って混入した燃料油を販売したのは26日午後4時40分から午後6時30分までとのこと。

 

 その間にガソリンとして販売したのが82件、灯油として販売したのが21件あり、そのままガソリンとして使用した場合は車に異常をきたす可能性があり、また、灯油として使用した場合は異常燃焼を起こして大変危険なため、早急に小浦石油株式会社まで連絡をするよう呼びかけている。

 

 なお、ガソリンと灯油を混入してしまった原因については現在究明中であり、コスモ石油では「地元の消防等、関係官庁のご協力・ご指導を仰ぎながら、販売したお客様にご連絡をするべく最善の努力を行っています」と述べている。

 

 連絡は『小浦石油株式会社 06-6632-3000』まで。

 あなたにオススメの記事