原子力

再稼働へ女川原発2号機が審査申請 被災地で初

   東北電力は27日、女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働に向け、新規制基準に基づく安全審査を原子力規制委員会に申請した。東日本大震災の被災地での申請は初めて。


   これで申請は、北海道、関西、四国、九州、東京、中国電力の9原発16基となった。


   女川原発は震災時、1、3号機が運転中、2号機は定期検査中で原子炉を起動させた直後だった。自動停止して事故はなかったものの、計測した揺れは事前の想定を超えており、最大約13メートルの津波に襲われて2号機の原子炉建屋地下が浸水。冷却用ポンプが壊れるなどの被害があった。


   安全審査の申請にあたり、東北電は震災を教訓に、想定する地震の揺れを580ガルから1000ガルに引き上げ、津波も最大13.6メートルから23.1メートルに見直した。2016年3月までには高さ29メートルの防潮堤も完成させる。


   また、女川は事故を起こした福島第一と同じ「沸騰水型炉(BWR)」であるため、事故時に放射性物質の放出を抑える排気装置「フィルター付きベント」の設置も義務付けられる。


   東北電は、ベントを含め、対策工事を2016年3月までに完了させ、4月以降の再稼働を目指すとしている。

 あなたにオススメの記事