環境

アライグマvsフクロウ 寝ぐらの穴を奪い合い?

   寝ぐらとなる樹木の穴を巡り、在来種のフクロウと外来種のアライグマが競い合っている可能性のあることが、北海道大の調査でわかった。


   これまで外来種の研究は、よく似た生態の近縁種との関係で生態系に与える影響が主に研究対象となってきた。

 

   しかし、北海道大の研究チームは、外来種のアライグマが木登りが上手く、子育てや寝ぐらに樹木の空洞「樹洞」を利用することに着目。

 

   樹洞は森林内で数が限られ、鳥類の大切な巣となっていることから、一見生態の異なるアライグマ(中型哺乳類)との間で競争が生じる可能性があると考え、特に夜行性という点で一致するフクロウとの関係を調べた。


   その結果、2011〜2012年に札幌市近郊の森林公園にある樹洞341個について、体毛や羽根の状況、カメラによる観察から、アライグマは37個、フクロウは34個の樹洞を利用し、このうち4個はアライグマとフクロウがそれぞれ別の年に使っていたことがわかった。


   樹洞の高さや大きさ、形状など、アライグマとフクロウの好みが重複していることも判明したという。


   研究チームによると、調査した森林公園は駆除によってアライグマの増加を抑えているが、他の地域ではフクロウに限らず、イタチやモモンガなど樹洞を利用する動物との間ですでに競争が起きている可能性があるという。


   また、アライグマは絶滅危惧種のシマフクロウの生息地域にも侵入しており、研究チームは「在来生態系の保護管理のため、意外な種間の競争に目を向ける必要がある」と指摘している。

 あなたにオススメの記事