FUKUSHIMA

「福島原発から8キロのバラ園」震災前後の写真を展示

 福島第一原発から約8キロの場所にあった「双葉ばら園(同県双葉町)」の今昔を写した写真展が、今月13日まで「HCLフォトギャラリー新宿御苑」で開催されている。

 

 かつて福島でバラの名所と知られていた同園は、現在、警戒区域に指定され、自由に出入りできない。そこで、愛好家が撮影した震災前の美しい写真と、園主が撮影した現在の荒れた姿を並べて展示。原発事故による被害の大きさを伝えている。

 

 主催者は「横浜ばら写真の会(横浜市)」で、入場料は無料。8~14日には、銀座の「フレームマン・ギンザ・サロン」でも開催する予定。

 あなたにオススメの記事