歴史

防災歳時記1月30日 忠臣蔵と当代きっての最高裁判事

「時は元禄15年12月14日……」

 

 年末年始の特番ドラマの定番と言えば「忠臣蔵」だが、旧暦の12月14日は、現在の暦では今日1月30日。

 

 そう、実際に討ち入りが決行されたのは、今から311年前の1703年の今日だ。(正確には1月30日未明、つまり1月31日午前4時ごろだそうだが)

 

 雪の降りしきる中、全員そろいの陣羽織で大石内蔵助の陣太鼓を合図に討ち入りを決行する47士。

 

 だが実際には雪も降ってなかったし、そろいの陣羽織も着てなかったらしい。ちょっと拍子抜けだ。

 

 江戸の人々に衝撃と感動を与えたこの事件は、「仮名手本忠臣蔵」という人形浄瑠璃の傑作として後世に語り継がれることになったがゆえに、かなり脚色もされているようだ。

 

 そもそも史実によれば、浅野家筆頭家老の大石内蔵助は、お取り潰しになった浅野家再興を優先し、その後に吉良上野介を討ち果たそうとの方針を示している。

 

 もし浅野家が再興され、その後に家臣が討ち入りなんかしたら、またお取り潰しになってしまうのは日の目を見るより明らか。

 

 大石内蔵助は本当は、討ち入りよりも「お家再興」を企図しており、その目的が絶望的になったから、「プランB」として討ち入りを決行したと考える方が自然な気もする。

 またドラマなどでは、吉良上野介が浅野内匠頭にひどく失礼なことをしたために、松の廊下での刃傷沙汰に至るが、実際には、浅野内匠頭が言っていた「遺恨の内容」は定かではない。

 

 松の廊下事件は、側用人柳沢吉保から将軍徳川綱吉に報告され、大名としては異例の即日切腹を申し付けられているが、切腹申し付けの文書には、「殿中をはばからず、理不尽に切りつけ候段、ふとどき至極におぼしめされ候」と、つまり切腹の理由は「殿中での傷害、もしくは殺人未遂?の罪」ということになっていて、争いの理由については全く触れられていない。

 

 これについては、幕閣の中からも、「遺恨の内容についてもっと取り調べるべき」との意見が出されたが、柳沢吉保によって却下されたらしい。

 

 討ち入り後の、幕府の評定(裁判)では、幕府評定所から、「赤穂浪士たちは忠義者でありいずれは赦免すべき」との意見書が出されたとの説もあり、高名な儒学者林信篤らも助命を主張した。

 

 しかし決定打となったのは、当時の「論壇の最高峰」とも言える儒学者 荻生徂徠(おぎゅうそらい)の意見だ。その主旨は以下のとおり。

 

「彼らの行為は『義』ではあるかもしれないが、『私論』である。そもそも殿中で人に切りつけるという罪で切腹になっているのに、『敵討ち』という理屈もないだろう。幕府の許可もなく事件を起こしたのは法の裁きを免れない」

 

 ご説ごもっとも。

 

 過去の判例を踏まえ、「凶器をふるってケガを負わせた」、「徒党を組んで殺人を犯した」という誰が見ても明々白々たる物理的犯罪行為にのみに目を向けているところが、冷徹な法の番人たる江戸時代のまさに最高裁判事。

 

 かくして全員が切腹と相成るわけだが、少しだけ救われるのは、その後、浅野家は大名にこそ戻れないものの、旗本として再興され、幕末を迎えている。

 

 また大石内蔵助の三男も、広島の浅野宗家に仕官することができた。

 

 一方で、討ち入りに参加しなかった、いわゆる「不忠臣」たちや、その家族は、再就職の道もなく、代々厳しい境遇をかこつことになってしまったが…。

 あなたにオススメの記事