経済

最大規模 サントリーが米ウイスキー最大手を買収

 サントリーホールディングス(HD)は13日、バーボンウイスキーの「ジムビーム」で有名な、米蒸留酒最大手のビーム社(米・イリノイ州)を総額160億ドル(約1兆6480億円)で買収することで最終合意したと発表した。

 

 これによりサントリーとビーム社の蒸留酒市場における売上高は43億ドル(約4429億円)を超え、世界市場で第3位の規模となる。

 

 また日本企業による海外企業の買収としては、ソフトバンクによる米携帯第3位のスプリント・ネクテルの買収=買収総額216億ドルに匹敵する過去最大級の規模。

 

 ビーム社は、バーボンの「ジムビーム」や「メーカーズマーク」などの有力なブランドを持っており、従業員数は3400人、売上高は25億ドル(2012年)

 

 サントリーでは昨年1月以降、ジムビームやメーカーズマークの輸入販売元となり、ビーム社と連携を強化してきており、この買収を契機に、海外市場への事業ウェイトを高めていくと見られる。

 あなたにオススメの記事