経済

11月の国際収支 過去最大の経常赤字

 財務省が14日発表した2013年11月の国際収支(速報)によると、海外とのモノやサービス、投資などの取引状況を示す経常収支が、前年同月比マイナス4132億円の5928億円の赤字と、1985年以降で最大の赤字幅となった。

 

 経常収支の赤字幅を拡大した要因としては、自動車や鉱物性燃料を中心に輸出が増加した一方で、原粗油や液化天然ガスなどの輸入増加が上回ったことなどがあげられる。

 

 このため、貿易収支は、前年同月比マイナス4035億円の1兆2543億円の赤字となった。

 

 サービス収支も、輸送収支や旅行収支が赤字幅を縮小したものの、1100億円の赤字となっている。

 

 このため、貿易収支とサービス収支を合計した貿易・サービス収支は前年同月比マイナス3690億円の1兆3643億円の赤字と、2年9ヶ月(33ヶ月)連続で赤字が続いている。

 

 あなたにオススメの記事