医療技術

万能細胞発見の小保方さん 女性の活躍に安倍政権も大満足

ES細胞、iPS細胞に続く第3の万能細胞「STAP細胞」の生成に成功した理化学研究所の小保方晴子さん(30)に世界中から賞賛の声が寄せられる中、加藤勝信官房副長官も30日午前の記者会見で、「若い女性が力を発揮しているということは、本当に素晴らしいこと」と賞賛の意を表した。

 

 同会見で加藤官房副長官は、「今後ヒト細胞への適用や、初期化原理の解明などの研究が進んでいくと思うが、将来に革新的な再生医療の実現につながるものと大変期待している」と期待感を表明、さらに「この研究を主導された方が30歳の女性であるということで、若い女性が力を発揮しているということは、本当に素晴らしいこと」と女性の積極登用をうたっている安倍政権としては今回の小保方さんの成果に大満足な様子。

 

 また、「政府としては再生医療含めて研究開発を促進していくための予算も盛り込み、態勢も新たに充実していこうということ。そうした中で、こうした革新的な基礎研究の成果を生み出し続けられるように、iPS細胞による取り組みを始め、再生医療の実用化に向けた取り組みをしっかりと進めていきたいと考えている」との姿勢を示している。

 あなたにオススメの記事