震災復興

人気作曲家8名による復興支援アルバム「魂の歌」が発売

 映画やドラマなどで活躍する人気作曲家たち8名による東日本大震災の復興支援プロジェクトとして、アルバム「魂の歌」が3月13日に発売される。

 

 発起人となるのは岩代太郎氏。同氏はクラシックからドラマ、映画などで幅広く活躍する作曲家兼音楽プロデューサーで、近年では映画「レッドクリフ」なども担当している。そんな同氏の思いに、日本を代表する8人の映像作曲家が賛同し、実現した。

 

 CDは全10曲(税込3,000円)。1曲目と最終曲の「あの町で」は、人気作家・重松清が書き下ろしの詞を俳優の役所広司が朗読する。4月16日には東京都の文京シビックホールで、CD発売を記念したコンサートも開かれる。

 あなたにオススメの記事