気象
Loading

大雪の影響で鉄道各社にダイヤの乱れ

 8日の朝から降り続く雪の影響により、JR東日本やJR東海、首都圏の私鉄各社では多くの路線で遅延や運休、運転見合わせなどが発生している。

 

 JR東日本では相模線や日光線が上下線での運転を見合わせるほか、中央線快速電車では一部が運休になり青梅線への直通運転を中止。特急列車についても、「スーパービュー踊り子号」や「草津号」、「スーパーあずさ号」、「スペーシアきぬがわ号」など複数の路線で一部列車が運休となっている。

 

 東海道新幹線については、品川駅~新富士駅間および名古屋駅~新大阪駅間の上下線で通常より速度を落として運転するため、最大で80分の遅れが生じている。

 

 また、首都圏へ乗り入れている私鉄各社でも多くの路線で遅延が発生しており、その影響で営団地下鉄にもダイヤの乱れが生じているほか、在来線だけでなく西武鉄道の特急レッドアロー号、小田急電鉄のロマンスカーも運休となっている。

 

■大雪の最新情報は気象情報マップでごらんいただけます

 あなたにオススメの記事