IT

小泉元首相 始めたばかりのツイッターをもう閉鎖!? RT速報

 公式ツイッターを始める始めないで話題となり、結局、アカウントを開いた小泉純一郎元首相が、開設からわずか2週間ほどで同サービスを「閉じさせていただきます」と発表し、再び話題になっている。

 

 小泉元首相が最初のつぶやきを発したのが1月27日。以降、都知事選に立候補した細川護煕元首相の応援演説に関する内容を中心に約30回のツイートを発信し、2月8日には「最後は、聴衆からホソカワコールが起きて、胸が熱くなった。(中略)皆さん、ホントにご声援ありがとう!」という発言をしていたが、残念ながら9日の都知事選で細川元首相は落選とあいなった。

 

 以降、小泉元首相がTwitterで配信をすることはなく、その去就が注目されていたが、突然、次のようにつぶやいたのである。

 

 

「写真は僕が記者さんに配布した都知事選の結果についての自筆のコメント。慣れないツイッターを続けることができたのは皆さんの励ましやスタッフの協力のおかげ。本当に有難う。皆さんのご健勝を祈りつつ、これでツイッターを閉じさせていただきます。」
小泉純一郎 J.Koizumi@J_Koizumi_Japan

 

 

 開始わずか2週間で10万以上のフォロワーがつくなど、日本中から注目されていただけに、突然の閉鎖宣言に戸惑う者も多く、この発言に付いたリツイートは3342件。

 

 中には「小泉さん、これからも発信し続けなきゃウソになるじゃん!!」とか「おととい来やがれ!」という辛辣な言葉も投げかけられているが、現在のところアカウントの停止にまでは至っていない。

 

 世間をアッと言わせるのが好きな元首相だけに、もしかしたら、また復活するかも…というのは考えすぎであろうか。

 あなたにオススメの記事