トピック

スノボ銀・銅メダル「まるで宇宙空間なとんぼ返り?」官房長官

 ソチ五輪で、最初の日本人メダリストとなったスノーボード・ハーフパイプ 平野歩夢選手(15)の銀メダル、平岡卓選手(18)の銅メダル獲得について、菅義偉官房長官は12日午前の記者会見で、心からの祝辞を述べた。

 

 同会見で菅官房長官は、2人の演技について、「スピードに乗ったエアの高さや、まるで宇宙空間を思わせるような、アクロバティックなとんぼ…、う〜、空中技と言うんですかね、まさに見る人の心を魅了し、メダルに値する実に素晴らしい演技だったのではないかと思う」と評価。

 

 さらに、「平岡選手は18歳、平野選手はまだ15歳で、冬季オリンピックの日本人勢の中では史上最年少のメダリストであり、まだこれから活躍が期待できる選手で、次またその次においても一番高いところにかかることを政府としては期待したい」と両選手の今後の成長に率直な期待感を表明している。

 

 オリンピックも若者に人気の新たな種目が次々に登場し、年配の人にはなかなかついて行くのも一苦労だが、菅官房長官も昨日はテレビの前で、若者たちの「とんぼ返り」にさぞや魅了されたことだろう。

 あなたにオススメの記事