気象

首都圏は14日夕から雪のバレンタインデー 大荒れの週末に

 日本気象協会は12日、今週14日(金)から16日(日)にかけて、日本の南海上を「南岸低気圧」が急速に発達しながら進む見込みで、四国から北海道にかけての広い地域で雪や雨、風が強まり、大荒れの天気になるおそれがあるとして注意を呼びかけている。

 

 同協会によると、北海道や東北ではまとまった雪に、四国から東海・北陸でも標高の高いところでは大雪になるおそれがある。

 

 また首都圏ではバレンタインデーの14日(金)の夕方から雪が降り始め、15日(土)には次第に雨に変わる予想だが、気温が低い場合には雪が降り続き、降雪量が多くなるおそれがあるとのこと。

 

 先週ほどの記録的な大雪になる可能性は小さいものの、南岸低気圧にともなう首都圏の雪の予測は変わりやすいため、今後の気象情報に十分注意するよう呼びかけている。

 

 ロマンチックに粉雪が舞うホワイト・バレンタインデーになるのか、大荒れのバレンタインデーになるのかは、かなり微妙なようだ。

 

 

■最新の気象情報は気象情報マップでごらんいただけます。

 あなたにオススメの記事