気象

南岸低気圧で伊豆大島などに大雨警報(土砂災害)

 まさに「冬の台風」ともいえる「南岸低気圧」の影響で、気象庁は14日午後5時21分に、伊豆諸島に大雨警報(土砂災害)を発表した。

 

 伊豆大島は昨年10月に台風26号による大雨での土砂崩れで甚大な被害が出ているが、午後5時現在の1時間降水量は2.5ミリ、24時間の降水量は59.5ミリとなっている。

 

 雨はまだ激しくないものの、大島町役場では防災行政無線で、大雨警報が発表されたとの注意喚起を行なっており、避難勧告などの対応については現在協議中とのこと。

 

 

■最新の気象情報は気象情報マップからごらんいただけます。

 あなたにオススメの記事