気象

都心の積雪2センチ 鉄道は一部運休も

 首都圏は朝からの雪となっているが、気象庁によると、午後4時現在の積雪量は千代田区大手町で2センチ、多摩北部・南部で10センチ、多摩西部で40センチとなっている。

 

 降り続く雪に、JR東日本でも首都圏の在来線の一部で運休したり、列車の本数を減らして運行するなどの影響が出始めている。

 

 湘南新宿ラインのうち、東海道線と高崎線を走る列車は終日運休となっているほか、以下の各線で本数を減らしての運転となっている。

 

中央線快速、東海道線、横須賀線、京浜東北線、常磐線、宇都宮線、高崎線、武蔵野線、南武線、横浜線、八高線、五日市線、青梅線

 

 また「ゆりかもめ」は午後6時ごろから全線で運転を見合わせているほか、私鉄各線で5分〜30分程度の遅れが、地下鉄も東京メトロと都営地下鉄で10分〜15分の遅れとなっている。

 あなたにオススメの記事