気象

河口湖・甲府・秩父で積雪量が観測史上最多記録に

 東京都で一冬に2回、大雪警報が発表されるのは16年ぶりとなったが、山梨県河口湖・甲府、埼玉県秩父では、観測史上最多の積雪量となっている。

 

 15日午前1時現在、山梨県河口湖では積雪量が113センチ(これまでの観測最多記録は1998年1月15日の89センチ)、甲府が91センチ(同1998年1月15日の49センチ)、埼玉県秩父が67センチ(同1928年2月14日の58センチ)と観測史上最多の積雪の深さになっている。

 

 これは平年比で見ると、河口湖が1614%、甲府が9100%、秩父が6700%と異例な積雪量。

 

 ちなみに午前1時現在、東京の積雪量は26センチ、横浜が28センチ、千葉が13センチとなっている。

 

 

■最新の気象情報は気象情報マップでごらんいただけます。

 あなたにオススメの記事