事故

東急線の衝突事故から一夜 運転再開のめど立たず

 昨夜(15日午前0時30分頃)、東急東横線・元住吉駅の下りホームで発生した衝突事故による影響で、東横線の渋谷~菊名駅間と目黒線武蔵小杉駅~日吉駅間では運転を見合わせているが、15日午後2時現在も運転再開の見込みはたっていない。

 

 事故が発生したのは東急東横線の元住吉駅下り2番ホームで、先に停車していた「渋谷発・元町中華街行き」の各駅列車に、同じく元町中華街駅行きの後続各駅列車が衝突。

 

 この事故による負傷者16名はすべて軽傷で済んだが、午前5時から東急東横線の渋谷~菊名駅間と、東急目黒線の武蔵小杉~日吉駅間では運転を見合わせており、午後2時現在も運転再開の見込みはたっておらず、振替輸送が実施されている。

 

 なお、事故の原因は、現在、国土交通省運輸安全委員会による調査を受けている最中とのこと。

 あなたにオススメの記事