気象

北海道 局地的に猛吹雪のおそれ

 18日の北海道は、千島の東に発達した低気圧があり、あす(19日)にかけて強い冬型の気圧配置が続くため、ところにより猛吹雪となるおそれがある。

 

 宗谷北部と利尻・礼文の陸上では今日(18日)昼過ぎまで、網走西部・東部では今日(18日)夕方まで、釧路・根室地方はあす(19日)昼前にかけて、猛吹雪となるところがある。

 

 今日(18日)の最大瞬間風速は羅臼で36.1メートル、えりも岬で31.4メートル、弟子屈で28.6メートルなどとなっている。

 

 「吹雪の視界情報メール」サービスを試験運用している独立行政法人「寒地土木研究所(北海道・札幌市)」の運営する「北の道ナビ」によると、18日午前10時30分現在、北海道のオホーツク海から日本海沿岸地域にに、視程100メートル未満の「著しい視程障害」のエリアが広がっている。

 

 

■最新の気象情報は気象情報マップでごらんいただけます。

 あなたにオススメの記事