FUKUSHIMA
Loading

福島第一 タンクから2億3000万ベクレルの「超高濃度汚染水」漏えい

 東京電力は20日、福島第一原発の貯蔵タンクからストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質(全ベータ)が1リットルあたり2億3000万ベクレルと、これまでにない「超高濃度」の汚染水があふれ出たことを発表した。

 

 これは「H6エリア」と呼ばれる貯蔵タンク群の1基で、タンクが満水にも関わらず、汚染水が流入する弁を開放したままにしていたため、タンクのふたと側面のつなぎ目付近からあふれ出たもので、汚染水はタンクの雨どいを伝って、周辺の地面に流出しているとのこと。堰(せき)外に漏れた汚染水の量は約100トン。

 

 漏えいは昨晩(19日)発見され、現在弁は閉められ、汚染水の流入は止まっているが、今日(20日)に採取された同タンクの雨どいの水からは、全ベータで1リットルあたり2億3000万ベクレル、放射性セシウム134が同3800ベクレル、放射性セシウム137が同9300ベクレルなど、これまでとはケタが2つ違う「超高濃度」の放射性物質が検出されている。

 

 東京電力は20日午前10時から臨時記者会見を開いている。