事故

「アンネの日記」破損事件「恥ずべきこと」官房長官

 東京都内各地の公立図書館で、「アンネの日記」や関連書籍など200冊超が破かれた事件について、菅義偉官房長官は21日午後の記者会見で、「このようなことは恥ずべきこと」などと述べ、強い不快感を示した。

 

 この事件では、ナチスの迫害から逃れ家族と隠れ住むユダヤ人少女アンネ・フランクがつづった「アンネの日記」や、ナチスの強制収容所「アウシュビッツ」に関する書籍などが破られており、図書館から警察に被害届が出されている。

 

 同会見で菅官房長官は、「事実であるとすれば、わが国として受け入れられるものでなく、極めて遺憾で、このようなことは恥ずべきことであって、警察当局もしっかりと捜査するものだろうと考えている」と不快感をあらわにした。

 

 この問題については、米国のユダヤ人人権団体から、日本政府は犯人を特定すべきなどとした声明が発表されている。

 あなたにオススメの記事