事故

京浜東北脱線事故 工事担当者のミスが原因

 今日(23日)未明にJR川崎駅付近で発生した京浜東北線の脱線事故の原因について、JR東日本は、担当者が間違えて、「線路閉鎖」の作業を行なう前に、工事車両を進入させたことを明らかにしている。

 

 この事故は京浜東北線の上り回送列車が、工事用車両に正面衝突し、1両目が脱線、2両目が45度傾いた状態になり、運転士と車掌が軽傷を負ったもの。

 

 JR東日本は、工事は衝突した回送列車が通過後に予定されていたが、担当者が間違えて「線路閉鎖」の作業をする前に工事車両を進入させてしまったとしていることを明らかにしている。

 

 また作業前には、他の車両に対して停止信号が送られることになっているが、事故当時、停止信号は送られていない。

 

 京浜東北線は、今日(23日)は終日、蒲田 - 鶴見間の運転を見合わせ、大宮 - 蒲田、鶴見 - 大船で折り返し運転をしているが、JR東日本では、あす(24日)始発からの運転再開を目指して作業を進めているとしている。

 あなたにオススメの記事