環境

PM2.5大阪・兵庫で上昇中 柏原市で147マイクログラム

 PM2.5は25日夜になって、測定値が高いエリアが北陸以西の日本海沿岸から太平洋側に広がっており、午後6時現在、大阪府柏原市で147マイクログラム/㎥となるなど、大阪府・兵庫県などで注意喚起の暫定指針値(1時間平均値85マイクログラム/㎥超)を超える測定局が増えている。

 

 環境省では、PM2.5について、健康な人でも症状が出るおそれのある注意喚起基準(1日平均値70マイクログラム/㎥超)を超えると予測される場合の「暫定指針値」を「1時間平均値85マイクログラム/㎥」と定めているが、25日午後6時現在、大阪府柏原市で147マイクログラム/㎥となったほか、兵庫県豊岡市で90マイクログラム/㎥、大阪府四条畷市と兵庫県明石市で88マイクログラム/㎥などと暫定指針値を超える測定局が、大阪・兵庫で増えつつある。

 

 25日午後6時現在で、1時間平均値が、国の環境基準値(1日平均値35マイクログラム/㎥超)を超えている測定局は全国790カ所の測定局のうち6割を超える482カ所にのぼっており、関西地方では166の測定局が環境基準値超となっている。

 

 

■PM2.5の最新情報はPM2.5マップでごらんいただけます。

 あなたにオススメの記事