環境

PM2.5首都圏でも上昇中 都内でも注意喚起超の測定局も

 全国で急上昇しているPM2.5だが、今日(27日)未明から、首都圏でも濃度が上昇しており、東京、千葉、神奈川、埼玉などでも注意喚起基準(1日平均値70マイクログラム/㎥)超の1時間平均値を観測する地域が出ている。

 

 27日午前9時現在、関東地方で環境基準値(1日平均値35マイクログラム/㎥)を超える1時間平均値を記録している測定局は202カ所で、千葉市稲毛区・千葉県野田市で84マイクログラム/㎥、東京都江戸川区で81マイクログラム/㎥など、首都圏では注意喚起基準(1日平均値70マイクログラム/㎥)超の1時間平均値となっているところがある。

 

 PM2.5については、国の基準値である1日平均値で35マイクログラム/㎥を超えた場合、呼吸器系およびアレルギー疾患のある人を対象に、外出時のマスク着用、また帰宅時の目洗い、うがいなどを促している。
 
 PM2.5の1日平均値が70マイクログラム/㎥を超過した場合にはすべての人を対象に、外出や激しい運動を控え、部屋の換気などを最小限にすることなどを呼びかけている。
 


 
 ■各地方の詳細情報については、PM2.5マップでご覧ください。

 

 

 

 あなたにオススメの記事