気象

山梨や東京など 関東甲信で大雪・積雪のおそれ

 気象庁によると、2日の夜にかけて関東甲信地方の山地では大雪、ところによっては平地でも積雪のおそれがあるとして、雪による交通障害や路面の凍結などに警戒するよう注意を呼びかけている。

 

 気象庁によると、2日は前線や低気圧が本州の南海上を東北東へ進む見込み。このため、夜にかけて山梨県の山地や東京都の多摩地方では大雪、東京23区内でも積雪となるおそれがあるほか、埼玉県の秩父地方や、群馬県と栃木県の山地や平地でも雪が積もるおそれがある。

 

 3日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、山梨県や群馬県、栃木県の山地で10センチ、東京都の多摩地方や埼玉県の秩父地方で5センチなどとなっており、気象庁では、大雪や積雪による交通障害や路面の凍結だけでなく、これまで降り積もった雪によるなだれにも警戒するよう注意を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事