リコール

浦和レッズ戦で「差別的」横断幕 サッカーJ1リーグ

 サッカーJ1リーグの浦和レッズは、8日に行われたホームのサガン鳥栖戦で「差別的発言」に該当のおそれがある横断幕が掲げられていたとして、「事実確認のうえ適切な対応に取り組んで参ります」との声明を発表した。

 

 問題となった横断幕は観客席の入口付近に掲げられており、アルファベッドで「JAPANESE ONLY」と記入。

 

 文字通り「外国人はお断り」という差別的な発言に解釈されかねないとして、浦和レッズでは調査を進めて、適切な対応をするという。

 

 この横断幕騒動は試合後の選手にも影響し、同チームの槙野智章選手が写真を掲載すると共に次のようなメッセージをTwitterから配信している。

 

「今日の試合負けた以上にもっと残念な事があった…。
浦和という看板を背負い、袖を通して一生懸命闘い、誇りをもってこのチームで闘う選手に対してこれはない。
こういう事をしているようでは、選手とサポーターが一つになれないし、結果も出ない…」
槙野智章 ‏@tonji5

 あなたにオススメの記事