気象

世界の異常気象速報 インドで「大雨」など5カ所

 気象庁が12日発表した全球異常気象監視速報によると、3月5日から3月11日の1週間に発生した世界の異常気象はインドで「大雨」など5件。

 


 3月5日~3月11日に発生した世界の異常気象・気象災害は以下のとおり。

 


【少雨】インドネシア西部及びその周辺
 インドネシア西部及びその周辺では、対流活動が不活発で、先週に引き続き異常少雨となった。
 シンガポールのチャンギ空港では、この30日間の降水量がほとんどなかった。(2月、3月の月降水量平年値は114.1ミリ、173.8ミリ)

 


【大雨】インド
 インド政府によると、インド西部及びインド南東部では、大雨や雹の影響であわせて20人以上が死亡した。

 


【少雨】ヨーロッパ中部
 ヨーロッパ中部では、低気圧や前線の影響を受けにくく、チェコ共和国の首都プラハ/ルジニェ国際空港は、この30日間の降水量がほとんどなかった。(2月、3月の月降水量平年値は19.2ミリ、28.0ミリ)

 


【多雨】トルコ南部~サウジアラビア北西部
 トルコ南部~サウジアラビア北西部にかけて、低気圧や前線の影響を受け、トルコ南部のシャンルウルファでは、9日~10日の2日間降水量が70ミリに達した。(3月の月降水量平年値は62.5ミリ)

 


【多雨】アフリカ南部
 南アフリカ共和国の首都プレトリアでは、10日の降水量が70ミリに達した。(3月の月降水量平年値は86.4ミリ)

 

 

 あなたにオススメの記事