外交

東日本大震災追悼式 中国欠席の理由は日本・台湾交流

 11日に営まれた政府主催の「東日本大震災三周年追悼式」には、各国からの代表が参列したが、中国は2年連続で欠席、この理由について在日本中国大使館の報道官は、「日本が台湾の民間団体の代表を外交使節並みに取り扱った」と語っている。これは中国国営新華社が伝えたもの。

 

 同社のインターネット版「新華網 日本版」によれば、報道官は、「日本国民が当時の犠牲者を追悼したことに対して、中国人民も同じ気持ちを共有している」とした上で、「遺憾なことに、日本政府が中国側の断固とした反対をかえりみず、昨年に続き、再び台湾の民間団体の代表を外交使節並みに取り扱っていた」と述べ、改めて強い不満の意を表しているとのこと。

 あなたにオススメの記事