事故

不明のマレーシア機 空自輸送機が南シナ海で捜索開始

 いまだ消息不明のマレーシア航空370便の捜索活動に派遣された航空自衛隊のC-130H輸送機は13日、マレー半島東方の南シナ海で捜索救助活動を開始した。

 

 一方で、マレーシア航空機については、消息を絶ってから数時間飛行し、インド洋に墜落した可能性もあるとの情報から、米ミサイル駆逐艦がインド洋に向かっており捜索海域が急速に拡大している。

 

 さらに韓国国防省も14日に、韓国軍のC130輸送機とP3C哨戒機を捜索救助活動に参加させるべく準備中と発表しており、同機が消息を絶ってからすでに6日、捜索はマレーシアを始め、日米中韓の5カ国が南シナ海からインド洋にかけての広範な海域に展開する状況になっている。

 あなたにオススメの記事