気象

伊予灘地震で地盤脆弱化の可能性 警報基準引き下げ運用

 気象庁は14日、未明に伊予灘で発生したM6.1の地震により、地盤が脆弱になっている可能性が高いとして、震度5強を観測した愛媛県西予市については、当分の間、大雨警報・注意報と土砂災害警戒情報について、発表基準(土壌雨量指数基準)を通常の8割に引き下げて運用すると発表した。

 

 現在、愛媛県では四国中央市などで雨のところがあるものの、西予市付近では雨は降っていない。

 

 また週末にかけても、予報では雨は降らない見込み。

 あなたにオススメの記事