リコール

浜松医大 患者115人の個人情報 メールで第三者に誤送信

 浜松医科大学(静岡県浜松市)は14日、付属病院に入通院していた患者115人分の個人情報を30歳代の大学院生が電子メールで第三者に誤送信したと発表した。

 

 同大学によると、この大学院生は、研究会での発表用データとして匿名化や暗号化されていない患者のデータファイルを4日に持ち帰り、翌5日に、研究会での発表を交代することになった別の大学院生に電子メールで送信したところ、誤って第三者に送付してしまったとのこと。

 

 この個人情報には、患者のID、氏名、年齢、性別、喫煙歴、治療状況などが入っており、パスワード等は設定されていなかった。

 

 大学では誤送信先にメールを送り、ファイルの削除を要請、先方からは削除した旨の返信があったとしている。

 あなたにオススメの記事