宇宙

災害状況も把握 地上観測衛星「だいち2号」5月24日打ち上げ

 宇宙から地上の様子を観測する人工衛星「だいち」の後継機「だいち2号」が、今年5月24日、国産のH2Aロケット24号機に搭載されて種子島宇宙センターから打ち上げられる。

 

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、「だいち2号」は時間の昼夜や天候に関わらず地上を観測することができ、宇宙から地形を把握して地図を作ったり、災害時にはその状況を把握したり、また資源の管理に利用されたりと、多方面での活用を期待。観測可能領域は「だいち」の約3倍にまで広がる。

 

 打ち上げの予定時刻は5月24日(土曜日)の12時5分~12時20分の間。国産のH2Aロケット24号機に搭載されて種子島宇宙センターから打ち上げられ、その後、所定の軌道に投入される。

 

 また、このロケットにはピギーバック衛星と呼ばれる小型の副衛星も4機搭載されており、順次、軌道に投入される予定。

 

 H2Aロケット24号機は三菱重工業によって製造された国産ロケットで、今年2月28日にも全球降水観測衛星(GPM)を搭載したH2Aロケット23号機が無事に打ち上げられている。

 あなたにオススメの記事