環境

PM2.5 愛知県豊田市で222マイクログラムに急上昇

 愛知県豊田市豊田南部のPM2.5測定局で、17日午後6時現在、環境省の注意喚起基準(1日平均値70マイクログラム/㎥)を大きく超える222マイクログラム/㎥のPM2.5濃度を観測した。

 

 環境省では、PM2.5について、健康な人でも症状が出るおそれのある注意喚起基準(1日平均値70マイクログラム/㎥超)を超えると予測する場合の「暫定指針値」を「1時間平均値85マイクログラム/㎥」と定めているが、午後6時現在の豊田市の濃度は、この暫定指針値の約2.6倍

 

 17日午後6時現在、東海・近畿地方を中心にPM2.5濃度が高いエリアが広がっており、環境基準値(1日平均値35マイクログラム/㎥超)を超える1時間平均値を記録している測定局は、全国で323ヶ所にのぼっている。

 

 

■最新のPM2.5情報はPM2.5マップでごらんいただけます。

 あなたにオススメの記事