IT

「初めてのツイート探せる」公式アカウントそっくりの偽物に注意

   TwitterJapanは21日、公式アカウントを真似たアカウントから「初めてのツイートを探せる」という誘導ツイートが流れているとして注意を促している。


   「初めてのツイート」を探せるツールは、同社が実際にツイッター誕生8周年を記念して20日に開設。公式サイトで@以下のユーザー名を入力すると、自分や友人、有名人らのアカウントが最初につぶやいたツイートを見ることができる。


   しかし、公式アカウント(@TwitterJP)に酷似したアカウント(@Twittter_JP)が登場し、公式アカウントと同じ文章で「初めてのツイート」を探すリンク先に誘導するツイートを発信したという。

 

TwitterJP@TwitterJP
Twitterの公式を真似たアカウントから初めてのツイートを調べるサイトへの誘導ツイートが行われているようです。Twitterからのツールは、ツイート内のURLをクリックしてもアカウント連動の認証が必要となるものではありません。お気をつけください。

 

   公式の注意を促すツイートは1万7000回以上リツイートされ、21日午後5時現在、偽アカウントは削除されたもよう。


   長くツイッターをやっていれば「最初の一言」は気になるもの。ただ、ツイッターの世界には”偽物”や”スパム”がうようよいることも、この機会に改めて肝に命じたい。

 あなたにオススメの記事