軍事

サイバー攻撃対処 自衛隊にサイバー防衛隊を新設

 防衛省・自衛隊は26日から、東京市ヶ谷の防衛省内に、サイバー攻撃に対処するための自衛隊の専門部隊「サイバー防衛隊」を設置した。

 

 同防衛隊は陸海空3自衛隊の自衛隊員ら約90人で編成され、防衛省・自衛隊のネットワーク監視やサイバー攻撃発生時の対処を24時間体制で実施するとともに、サイバー攻撃に関する脅威情報の収集・分析・調査研究などを一元的に行なうとしている。

 

 現在のところ、同防衛隊は防衛省・自衛隊のネットワーク防衛を担うが、関係省庁とも協力し、将来的には他の省庁のネットワーク防衛なども含め、サイバー攻撃対処能力の強化に努めていく方針。

 あなたにオススメの記事