外交

首相が韓国語であいさつ「いいイメージじゃないようなので」官房長官

 26日未明(日本時間)に開かれた日米韓首脳会談の冒頭、安倍晋三首相が朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領に「「マンナソパンガプスムニダ(お会いできてうれしいです)」と韓国語で話しかけたことについて、菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、「自然で良かったんじゃないですか。(朴大統領は)首相に対して何となくいいイメージじゃないようですので、安倍晋三という首相の人間性を鑑みることができたんじゃないかと思う」との感想を述べた。

 

 記者からは、「そのやり取りの中で、朴大統領の表情が固かったと言われているが?」との質問が投げかけられたが、「それは知りません。(笑)」と破顔一笑。

 

 さらに、「でも最後にはしっかりと握手しておられたようですが」と応戦した。

 

 しかし記者からの「これが日韓2国間の首脳会談実現につながるか?」との質問に対しては、「日韓関係の重要性」を述べるにとどまり、日韓首脳会談実現への見通しについては言及を避けている。

 あなたにオススメの記事