トピック

女子モーグル上村愛子選手が引退「未練は全くない」

   フリースタイルスキー女子モーグルの上村愛子選手(34)が今季限りでの引退を決めた。


   所属する北野建設(本社・長野市)が26日、発表した。長野県白馬村で27日に行なわれる「全日本スキー選手権モーグル」が最後の大会となる。


   上村選手は兵庫県伊丹市出身。長野県・白馬高校に在学中の1998年に長野オリンピックに出場し、7位に入賞。以来、5大会連続で冬季五輪に出場した。ソチ大会も惜しくも4位で、メダル獲得こそできなかったが、世界選手権で二冠を達成するなど、女子モーグルの第一人者として活躍した。


   その功績をたたえ、先月末には猪苗代スキー場のゲレンデに記念石碑が建てられたばかり。上村選手は26日、 「(オリンピックで)メダルは獲れなかったけど未練は全くありません。後輩たちもどんどん育ってくれて、いろいろ準備しながら今日を迎えられました」と語った。

 あなたにオススメの記事